Blogブログ

お知らせやイベントについて載せていきます

マインズが考える美容師、美容室の在り方

私が美容師になったのは33年前、24歳でした。
当時、横浜での私のカット料金が3500円。
ほどなく4000円になり、今現在5,000円です。

これだけ世の中が変わり、物の価値が変化している中で料金が30年前と全く変わらないのはむしろ不自然でもあります。
考え方によっては、カットの価値がどんどん下がっているとも言えます。

もちろん消費者にとっては安く、いいデザインが手に入るのであればそれに越したことはないでしょう。
しかし、世の中は「働き方改革」でさらに労務環境が変化しています。
時間短くしながらお給料は上がらなければなりません。

マインズの理念はまだ確立されていませんが「自分自身の成長によって人が成長し、社会に貢献する」というのが骨格になっています。
人間としての成長を美容という手段によって成し遂げるには、美容師の地位向上が求められます。
医師や弁護士と比べて安易になれてしまう美容師。

私達が本当に社会に必要とされ、社会から尊敬されるような職業とするにはまずお客様から必要とされ、尊敬されるような人格者として社会に貢献する必要があります。

マインズがお世話になる地域には、まだカット料金4000円に満たない美容室もあります。
私たちが本当に願うのは、2019年においてカット料金6000円に見合う「人創り」です。
私自身も10月よりカット料金を8000円にいたします。

スタッフにも念を押しているのが、「値上げ」ではないということ。
これは「料金改定」であり、「適正料金」に正すということ。

もしかしたら、その料金にまだ見合わないスタッフがいるかもしれません。
でも、10月までに必ずその料金に見合う志をもってお客様に向き合える人格者となるために個人も会社も力を注いでおります。

私達はもっと誇りをもってお客様を美しくすることに携わらなければなりません。
それは、これから美容師を目指す人たちの希望であり、わたしが愛してやまないこの仕事に対する最後のご奉公だと考えています。

幸いマインズはほとんど人が辞めません。
これからは自分の為ではなく、人や社会の為に美容師を一生涯のお仕事にしていってほしいと願います。
また、いつか独立して、その志を世の中に広めていってほしいと願うのです。

私達が願うのは、「美容師ってなんて素敵な職業なんだ!」とすべての人に感じてもらえる世界を作る事なんです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事