Blogブログ

お知らせやイベントについて載せていきます

走り続ける意味

ノーサイドゲーム

実はドラマ好きです。

特にスポコンが好きです。
以前もブログに書きましたが、チームの存在と次々にやってくる壁を乗り越えるたびに強くなっていくその姿に感動と共感を覚えます。
https://mindshair.amebaownd.com/posts/3306045

中学が野球、高校がバレーボール、美容師になってからサーフィンを12年くらいやってました。そして40歳を過ぎて自転車にはまりました。

運動しない方からするとなんでそんなにストイックにやるの?って聞かれますが、
一緒にやっている仲間たちからすると私がやっているのはホンのお遊びで、(時間もそれほど使えません)毎日歯を磨くのと感覚は変わりません。
つまり、やらないと気持ち悪いだけです。

経営者になってからは少し感覚が変わり、決めた目標は必ずやり遂げるイメージをもってトレーニングします。
自転車は何度かレースにもでて、優勝も経験させていただきました。
レースまでの期間を区切り、細かく目標設定をし、体調を整え、栄養バランス、レースまでに蓄えるべき体内のカロリー計算から、レース中のカロリー計算までやりながら体を作っていきます。
自分達のチームが勝つために、メンバーの体調から長所短所まで考えてレースを組み立てていきます。
ここ一番で耐えなければならない場面は幾度となくやってきます。
もうやめたい。
ここで楽になりたい。
でも、チームで走っている限り止めることはできません。
みんなの頑張りを自分の弱さで台無しにすることは絶対にできません。

全力で走り切った結果。
チームで勝ち取った成果。
勝てるとは思えない状況での勝利。
みんなの応援。
今私は美容室経営で全く同じことを考えています。
一人では何もできない。
でも、みんなが同じ「勝利」にベクトルを合わせたときに私たちはとてつもない成果を上げることができるのだと信じています。
力を合わせ、援助し合い、励まし合ってつかみ取る成果。

その過程でのそれぞれの成長。
そしてチームの成長。
どこまで行っても限りない道のりですが、私達はそれぞれのビジョン、チームのビジョンの為に力を合わせて乗り越えていきます。

「ノーサイドゲーム」
池井戸潤が好きです!
月並みですが、弱小チームがレベルの違うチームに勝つために、それぞれの持ち味、チームの持ち味を活かして対等に戦います。
その持ち味を引き出しているのが会社なら店長の柴門監督。
今回引き出されたのが佐々一という2番手のスタンドオフ。

力に対して、スピードで対抗する。
会社、お店の強みを活かした戦略は見ていて感動しました。

力と力がぶつかり合うラグビー
しかし、そこには戦略と戦術がしっかりと組み込まれ、勝利を目指します。

一人ひとりの力をしっかりと見極め、チームの強みを活かして、スタッフと共に素晴らしいチームを創り上げていきます。

ラグビーもやりたかったな!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事