Blogブログ

お知らせやイベントについて載せていきます

もう悩まなくていい!

世の中には原理原則というものがある事を最近知りました。

原理原則とは、例えば「地球上で持ち上げた石を離したら、必ず下に落ちる。上に上がっていくことはない」といったものです。
つまり「誰がどこでやっても同じ結果になる」というものです。

ここでいう原理原則とは経営や生き方のことです。

これを知ってからまず以前のように悩むことはなくなりました。
悩むということは「解決の糸口が見つからない」からであって、問題の原因を自分で納得していれば悩まないということです。

解決の糸口が見つからないということは、「物の考え方が解決しない考え方」なのだということなのだと自分では解釈しました。

考え方は無限にありますが、その一つとして「人を変える事はできない」ということ。
それに等しく「人は自分で決めたことしかやらない。人はじぶんで決めたことはやる」ということです。

目の前に「やった方がいい」というものがあったとして、自分でも自覚しているがそれを実行することはリスクがあり、時間や労力がかかり大変だという風にとらえているとします。

上司や周りは「あなたにとっていいことなんだからやりなさいよ」といいます。
上司や周りにとってそれは当たり前の意見であり、その人のことを思って言っていますが、自分の正当性ゆえに自分の考え方を押し付けていることに気づきません。

変わって、それをやることがその人にとってどんな効果や成果をもたらし、その人が気づいていないその人自身が持つビジョンに近づくのだというイメージを伝えてあげるとします。

そのうえで、「あなたはどうする?」と質問します。

本人が気づかなかった「自分が望むこと」に気づいたとき、「やってみます」となる確率は格段に上がります。
これは「本人が決めたこと」なので必ずやるし、負けそうになっているのを見たときにまた、その人のビジョンを確認してあげることで頑張れます。

全ては自分が決めたこと。
うまくいかないのは、自分がまだやっていないことがあるから。
誰かがやってくれるといつも思っているから。
やってくれないと、じぶんが不機嫌になるのです。

人のせいにせず、自分がどのような働きかけをすれば物事が好転するのか。
自分の為に何かをする、自分の為に何かをしてもらうのではなく、
相手の為を考えて行動する。
相手の為に何かできないかを常に考えている。

それが幸せになる原理原則の一つなのだと気づいたとき、ほとんどの悩みが消えたのは事実です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事