Blogブログ

お知らせやイベントについて載せていきます

パレートの法則、あなたはどこ?!

パレートの法則をご存知ですか?
ニハチの法則とか、ニイロクニの法則とか言えばわかるでしょうか?

組織を作ると、必ずその組織のために一生懸命頑張る2割、その組織に帰属している6割、その組織に依存している2割となることです。

これを発見した人は、働きアリを見ていてその法則を発見したというので、人間だけにあるものではないのでしょう。
細かいことは抜きにして、一体自分はどこにあてはまるのだろう?
もしくは、この人はどこに当てはまるのだろうとよく考えます。

ふつうは組織の中のリーダーシップを取る2割。つまり、その組織にとってなくてはならない存在。代わりのない存在でありたいと思うのが普通。
・・・だと思っていました。

しかし、それはもともと上昇志向があり、誰かに従って働くよりも自らが生き甲斐を持って働こうとする人の考えで、実はそう考えない人も存在するということを知った時に愕然としました。

言われたことはしっかりやる。
自分に与えられたことはしっかりやる。
今目の前にあることはしっかりやる。

しっかりやる。
頑張る。

一見、とても当たり前にとても好ましいと感じます。
今世の中の多くの空気感はこのような空気で満たされているように感じます。

そして、どうやっても2:6:2に分かれるパレートの法則を考えた時、
これはどうしようもないのかとも感じます。

しかし、本当にそれは当たり前で、どうしようもないことなのでしょうか?

マインズで必要とする人財は「自分で考え、行動でき、その行動に責任を持てる人」
とすれば、今の風潮にある「とても一生懸命働く人たち」という意識では今後の会社の成長は望めないということになります。

では、どうしたらいいのでしょうか?

割合は変わらないのだから、真ん中の6の考え方を限りなく上の段階に近づけていくしかありません。
そうやって、上の2割の質を上げ、その総量を増やしていく。
つまり、全体の総量を増やしていくしかないのですね。

どうしても上がってこれなかった何割かは、全体の総量が増えた時に一番下の2割に含まれていくのでしょう。
そして、求人によって増やした人材の中にある可能性を、教育によってさらに伸ばしていく。

上の2割の総量が増えていくことによって全体の社風が良くなり、6割の中からさらに上を目指そうとするプラスのスパイラルが起こります。
ある一定のレベルを超えた時、それがどんどん強化され、理想の感覚を持った考え方の裾野がどんどん広がっていきます。

誰かが言っていました。
「教育は流水に字を書くが如く儚いものだ。だが、それを岩壁に刻み込むような真剣さで取り組まなければならない。」

マインズという小さな組織においては、自分自身がリーダーシップを発揮しなければならず、何があっても逃げる事は許されません。
この努力と忍耐を前提とした「教育」を真ん中に置いて、これからも自分自身を含めた「人材育成」に勤しまなければならないことを、スタッフとともに共有していきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事